ウソツキツツキの鳴く島

そこは、いつも霧に包まれた不思議な島。


ウソツキツツキが「ソーツキ、ソーツキ」鳴き、本の鳥が羽ばたき、みかんジュースの瓶の音がする雨が降ります。


もぐらのグラは、雨がやんだ後の森を散歩しながら森の声を聞くのが好きでした。


その日も、いつものように月の光を道しるべに歩いていました。


クリームソーダ色した風が、時折グラのひげをかすめては、闇に消えていきます。


グラは、明日を探していました。


もぐらのグラは、いつも地面の中にばかりいるので、いつしか根暗になってしまっていました。


道を歩いていても、落ちている昨日ばかり気になってしまって。


もぐらで根暗なんて、全くいい事なんてありません。


なので、最近はいつも明日を探すようにしていました。


明日が落ちてないかな。


木の穴を覗いてみました。


そこには眠ってるうさぎがいるだけ。


落ち葉を裏返してみました。


そこには丸まっただんごむしがいるだけ。


どこに落ちているのかな。


それとも、お空から降ってくるのかな。


鳥が僕の元へ運んでくれるのかな。


そんなことを考えながら、歩いていました。


ふと、グラはいいことを思いつきました。


グラは、穴を掘るのが得意なんです。


なんてったってモグラですから。


明日を探しに、土の中を掘っていくことにしました。


グラは、地面を掘っていきます。


2メートルくらいの深さになりました。


それでも、明日は見つかりません。


どんどん深く掘っていきます。


5メートルくらいの深さになりました。


それでも、明日は見つかりません。


12メートルと3.1415926535センチくらいの深さになりました。


それでも、明日は見つかりません。


少しだけ休憩しよっかな。


もぐらのグラは疲れたので、持っていたクラッカーに苺ジャムを塗ってむしゃむしゃ食べました。


そして、水筒の中にあるクランベリージュースをごくごく飲みました。


いつもよりだいぶ深く長い間掘ったなぁ。


明日はどこにあるのかなぁと、そんなことを考えているうちに、疲れて眠ってしまいました。


霧は、グラが風邪をひかないように優しく包んでくれます。


ウソツキツツキが「ソーツキ、ソーツキ」鳴く声が遠くに聞こえます。


本の鳥が、バサバサ羽ばたいています。


みかんジュースの瓶の音のする雨が、またコツコツと降り始めました。


もぐらのグラは、真っ暗な世界を通り抜けて、夢の世界にたどり着きました。


そこでは、グラの好きな苺ジャムクラッカーが木の枝に実っているし、クランベリージュースが出てくる噴水があるし、グラにとっては天国みたいな世界です。


グラはそんな景色を眺めていました。


ずっとずっと眺めていました。


いつも住んでいる島と違って、ここには色が溢れていて綺麗で、眺めているだけでも飽きません。


ふと、ここが明日なのかなって思いました。


でも、好きなものにたくさん囲まれた世界だけど、グラはなんだか違う気がしました。


ここじゃない気がする。


グラは、ぎゅっと目をつむりました。


グラは、またまた真っ暗な世界を通り抜けて、元の世界にたどり着きました。


気づいたら朝日が昇って、


相変わらず霧に包まれてますが、


明日になっていました。


ウソツキツツキは相変わらず「ソーツキ、ソーツキ」鳴いています。


本の鳥が、ペラペラ飛んでいます。


みかんジュースの瓶の音がする雨も、きっとそのうち降るのでしょう。


持っていた水筒から、クランベリージュースを注ぎ、ごくごく飲みました。


昨日と変わらない景色。


いつも霧に包まれた不思議な島ですが、


グラはなんだかんだ言って、


この島が好きなのです。


0コメント

  • 1000 / 1000