Yasuaki Ishikawa

記事一覧(7)

海外芸術祭で展示されます

「盲目の魚-The Blind Fish-」 (https://youtu.be/9GkU1mLPxag)が、文化庁メディア芸術祭の海外展開事業で「Award-winning Program 2018」というプログラムに選出され、オーストリア、メキシコ、イタリアなど様々な海外の芸術祭で展示されます。先日、オーストリアのアルスエレクトロニカに行ってきました。世界でもっとも有名なメディアアートのフェスティバルなので、昔から一度は行ってみたいと思っていたので、この機会に重い腰をあげて行ってきました。まず、メイン会場のポストシティのものすごい広さと規模に驚き、PA付きのオーケストラのコンサートイベントまでやってしまうお金のかけ方とか、来場する人達のアートへの関心の高さや熱心さなど、色々と勉強になりました。作品に関しては、自分が主に感じたのは大きく2種類あって、1つは、テクノロジーによって「人間や自然」により近いものを生み出そうという作品と、もう一つは、作家個人の感性を新しいテクノロジーを用いて、従来とは別な魅せ方で提示するという作品があるなと感じました。あと、ヨーロッパの人と日本人の違いなど、結構色々なことが見えたので、色々と刺激にもなりました。以下は上映予定フェスティバルです。https://jmaf-promote.jp/・EL FASTIVAL(メキシコ) 2018/9/4〜9 ・アルスエレクトロニカフェスティバル(オーストリア) 2018/9/6-10 ・aniventure(ブルガリア) 9/15,16 ・仙台短篇映画祭(仙台メディアテーク) 9/15-17 ・CAMERA JAPAN(オランダ ロッテルダム)  2018/9/27~30・CAMERA JAPAN(オランダ アムステルダム ) 2018/10/5~7 ・長崎県美術館  2018/10月・ルッカ コミックス&ゲームス(イタリア)  2018/10/31-11/4 ・J-FEST(モスクワ) 11月 ・ケープタウン国際アニメーション映画祭 (南アフリカ) 2019/3月 ・Japansociety  2019/3月 

おとのえほん『もぐらとゆきのようせい』

さらさらさらさらさんさらさらさゆきが、きぎをまちをあなたをつつみますゆきのひは、とてもさむくてこごえそうなのでだれもが、やさしいきぶんになりますもぐらは、さむがりなのでこんなさむいひは、つちのなかのいえにもぐっていますそこに、ゆきのようせいが、ひゅるるんるるると、やってきてはなしかけてきましたもぐらさん、もぐらさんそとは、とてもきれいだよいっしょにあそぼうよいっしょにあそぼうよいっしょにあそぼうよゆきのようせいが、なんどもさそってくるからもぐらはしぶしぶおきて、ゆきのようせいのあとをついていきましたしゃるるるんそとは、いちめんまっしろなぎんせかいでしたもぐらは、じぶんのまちがこんなけしきになるなんて、いままでしりませんでしたゆきのようせいは、じゆうにゆきのうえをとびまわりますひらひらひらひらりんひららもぐらは、ゆきのようせいとおっかけっこをしたりゆきがっせんやゆきだるまをつくってたくさんあそびましたいちにちじゅうあそんで、つかれたのでもぐらは、ゆきのようせいにまたあしたねっていって、つちのなかのいえにかえりましたもぐらは、ぐーぐーぐーぐーぐるぐるるんと、ぐっすりねむりましたあさ、おきたらたいようがきらきらきらきららららってじめんをてらしていてあんなにたくさんあったゆきは、ほとんどとけてしまっていましたもぐらは、ゆきのようせいをさがしましたくさむらやりんごのきのうえや、かぜのなかもさがしましたけれど、ゆきのようせいはどこにもみつかりませんでしたもぐらは、とんとんとくとんとんってなんだか、かなしいきもちになりましたまた、あいたいな…もぐらは、しかたないから、つちのなかのいえにかえって、ねむりましたねむるときに、すこしだけちいさくなきましたしとしとしとしとしとしんしんまた、ゆきがふるといいな

『少女と床下のたくさんの夢』

小さな灯りの下で 本を書いていました少女が、鉛筆と鉛筆削りと消しゴムを放り投げたら床に穴が開いてしまいましたその床には、実は夢が埋まっていました明日見る夢だったり、1週間後の夢だったり、1年後だったり、一番遠くで79年後までありましたそっか って少女は呟きますサイコロを振って 出た目の数の夢を選ぼうかなって思いつきましたサイコロを振ったら、4だったのでああ、これは幸せの4だなと思って4年後の夢を選びました4年後の夢は、少し甘い香りがしたので、試しに舐めてみたら、やっぱり甘かったので、そのまま口に入れてみました綿菓子のような 雨と飴が混ざったようなカエルの鳴き声が聞こえてくるようなそんな感じでしたいつのまにか 気づいたら 夢の中にいましたまあ、そうかなって気はしてましたけど、、4年後の夢は、少女は少女じゃなくて少年になってましたおかしいなぁって気にもならないくらい、自然なことでしたでも実は、ずっと少年になりたかったのです昔、絵本で読んだピーターパンのことが忘れられなくて、ずっと少年になりたかったから、好都合でしたむしろこれからも少年でいたいくらい暗い道の中、空を飛んでいました月明かりと時々見かけるウサギの白い毛が光る明かりをたよりに、空を飛んでます風は少し冷たいけれど、毛布なんて必要ないくらいの冷たさなので、気になりませんむしろ気になることといったら、魔法の杖が手元にないことくらいきっと魔法の杖があれば、魔法かけられるのになぁって思ってもしょうがないので、月を目指して空を飛ぶことにしました月までは少し遠いのですが、月に住んでるうさぎがやっほーって声をかけてくれてやっほー やっほー やっほー やっほー やっほー ってやっほーがいっぱいになってやっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やっほー やったーやっほーでできた橋が出来たので、わりと簡単に月まで辿り着けましたそこでは、うさぎが餅を食べようとしてる瞬間だったので手にもっていた海苔をあげたらとても喜んでくれて嬉しそうに餅に海苔を巻いて、しょうゆをつけて食べてくれました橋のお礼だよそう告げて少年は、今度は土星を目指して飛んでいくことにしました少し遠いかなぁって思ったけれど、まだまだ冒険は始まったばかりかなって思っていたらその時に夢が終わってしまっていつのまにか少女に戻っていました今度は何年後にしよっかなそう思いながら、眠くなってきたので、そのまま穴の開いた床のそばで寝ましたおやすみなさい

音の絵本 『ルネの世界』

その場所は、青色の世界でした優しくささやく小鳥きらきら照らす太陽ゆらゆら揺れる草花ルネは、草むらに寝転がって空を見ています雲は、ふるるるりりらららーって流れていきますルネは、口ずさみます懐かしい懐かしい想い出の歌トゥルタタターららりーろロササロロロロロ~ンやいやいや ールネが、歌を口ずさんでいたら、小鳥さんがやってきましたチュンチュンチュルルルチャンチャンピヨヨ「何を歌ってるの?」ルネは答えます「想い出の歌さ。一緒に歌うかい?」ルネの歌に合わせて、小鳥さんも歌い始めましたトゥルタタターららりーろチュンチュンチュルルルロササロロロロロ~ンチャンチャンピヨヨやいやいや ールネの歌に小鳥さんが彩りを加えます二人で歌を口ずさんでいたら、毛虫さんがやってきましたトコンドゴーぐぐぐぐガーガーガーがむがむがむ 「何を歌ってるの?」ルネは答えます「想い出の歌さ。一緒に歌うかい?」ルネと小鳥さんの歌に合わせて、毛虫さんも歌い始めましたトゥルタタターららりーろトコンドゴーぐぐぐぐチュンチュンチュルルルロササロロロロロ~ンガーガーガーチャンチャンピヨヨやいやいや ーがむがむがむルネと小鳥さんの歌に毛虫さんが彩りを加えます三人で歌を口ずさんでいたら、蝶々さんがやってきましたヒラハラフラハラぱたぱたバタバタばったばったふらりさらりひらるるるるりりんりん 「何を歌ってるの?」ルネは答えます「想い出の歌さ。一緒に歌うかい?」ルネと小鳥さんと毛虫さんの歌に合わせて、蝶々さんも歌い始めましたトゥルタタターららりーろヒラハラフラハラトコンドゴーぐぐぐぐチュンチュンチュルルルロササロロロロロ~ンぱたぱたバタバタばったばった ガーガーガーチャンチャンピヨヨやいやいや ーふらりさらりひらるるるるりりんりん がむがむがむルネが、歌を口ずさむとみんなが集まってきますみんなが集まると素敵な音楽になりますルネは、昔好きな子がいました ルネは、昔好きな子とこうしてよく一緒に草むらに寝転がって歌っていましたトゥルタタターららりーろロササロロロロロ~ンやいやいや ールネが歌を口ずさむとみんなが集まってきます「何を歌ってるの?」ルネは答えます「想い出の歌さ。一緒に歌うかい?」

『眠り姫の午後』

眠り姫は、いつも眠たいのですその海草は、ある小人がくれました昔は、眠りにつくのが苦手だったのです小人がくれた海草を食べるようにしたらよく眠れるようになりましたでも、いつも眠たいのです今日は、春なのに風がとても冷たいですお日様があたる場所へいけば、幾分ましなのですがあまりに寒いので、自販機でカフェオレを買いましたその5分くらい前には、牛さんが向こうから歩いてきましたその10分くらい前は、くまさんがモナカをくれましたそれでも眠気は覚めませんくまさんは、カーロミオベンを歌いに行きました自分のかけらばかり探している丸いものに会いましょうそんなに自分のかけらばかり探さなくても大丈夫だよそのままの君でいいのにって言ってあげましたそれでも、雲はいつまでも白くてまるでソフトクリームみたいであぁ、早く夏休みが来ないかなぁってカエルの子供が言いましたゲロゲロって鳴くのはあまりに可愛くないからちょっとぶりっこしてケロケロって鳴いていました月は、雫を落とします空には、明日が見えます星は、暖かい色をしています午後だから、紅茶を飲めばいいのでしょうかさっき飲んだカフェオレは、体を温めてくれますあの子に、暖かい飲み物をあげました空から、宇宙人はやってきません早くやってくればいいのに早く会いたいなって思いました眠り姫は、あまりに眠たいので、図書館でお昼寝しようと思いました